カテゴリー「お気楽公務員」の記事

本年もよろしくお願いします

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。皆様のご多幸をお祈りいたします。

昨年秋にはデンマークのコペンハーゲンに行ってきました。腐敗防止の国際大会があったためです。コペンハーゲンの駅の近くには、童話作家のアンデルセンの像がありました。
私も今年は書くことを増やしたいと思いました。
今月は、以下のコメントを寄せました。
週刊新潮 1月17日号
福田淳一前財務時間を救った弁護士資格認定制度https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01160557/?all=1
毎日新聞1月14日朝刊「議員年金復活へ再始動、自民『地方の強い要請』公費負担300億円試算」
https://mainichi.jp/articles/20190114/ddm/002/010/098000c
日刊ゲンダイ1月25日号(24日発売) デタラメ「毎月勤労統計」不正調査、ポストと金を握られた監察委員長お手盛り報告の必然、オンブズマンのような第三者が望ましい
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246101
20181028140651_p

公務員ボーナスとかけて日産ゴーンと説く、その心は・・・

報酬の過小申告です。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243419

本日公務員ボーナス支給日。平均71万円という報道ですが、ウソ。カラクリをは今日発売の日刊ゲンダイに寄稿しました。

難しい公務員試験を通った、基本はマジメで優秀な方たち、だから年金不安以外は日本も大筋安全平和です。私も日々感謝しています。だから大企業より低くしろなどとはいいませんが、ウソはいけません。正確な平均額を堂々と公表すべきです。

週刊東洋経済でインタビュー記事

今日発売の週刊東洋経済にインタビューを受けた記事が掲載されました。テーマは日本企業による外国公務員への贈賄。
ネットでも一部が読めます。
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/19044

フライデー、日刊ゲンダイ

暑い日もありながら、木々の葉が色づく季節になりましたがお元気ですか。

ブログの更新をしませんでしたが、チェックしてくださる方には失礼しました。
今発売中の週刊フライデーにコメントを寄せています。次の記事です。
愛知県弥富市長の愛人生活、月を見ながら路上でチュー-市民は怒っている!

また、夏の間、日刊ゲンダイにもコメントを寄せました。
7月26日号「安倍首相守り退職金5000万円、柳瀬元審議官バラ色のセカンドライフ」
8月20日号「中央省庁が42年にわたって障碍者雇用を水増し」
8月23日号「一般企業から罰金徴収、厚労省天下り法人の高額役員報酬」

来週もまたメディアに掲載の予定です。

また、来週はデンマークのコペンハーゲンで私が現在長をつとめるNPOが加盟する腐敗をなくす国際NGOの総会と世界腐敗防止大会が開かれるので出席します。
先進国にはお互いに外国の公務員に賄賂を送るのはやめようという条約があり、日本も加盟しています。国内で政府への賄賂(天下り含む)をやめようというのは至難の技だと実感してきましたが、外国公務員への贈賄防止は英米が高額の罰金を科していることもあり、各国企業が積極的に守ろうとしています。日本企業も熱心に取り組んでいます。ここ数年、この分野に興味をもって活動し、セミナーを開いたり企業に情報提供をしてきました。
そのためにお役所を巡る執筆活動が少しお休みとなってしまい、選挙に挑戦した政治活動は忘れてしまい、私生活でも父を亡くしたりしていろいろ考え、腐敗防止とは別に書きたいこともでき、何を優先して折り合いをつけていくか悩んでおりましたが、書くこと、話すことでことで皆様にお伝えしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。
この夏は松本城と上高地に旅行に行きました。景色に心洗われ、おいしい岩魚を食べ、さわんど温泉のにごり湯で温まってきました。


不祥事関係なし 国家公務員ボーナス5年連続増で平均86万円

今日発売の日刊ゲンダイ(6月30日号)に寄稿しました。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232313/1
内閣人事局の発表ではボーナスは2.095か月分ですが、本当は2.125か月分支給しています(人事院)。からくりは記事で説明しています。これも一種の「データ改ざん」です。

サンデー毎日にコメントしました

本日発売のサンデー毎日「加計問題、経産官僚柳瀬氏にバラ色の未来が待っている」にコメントをしました。

加計問題が話題になっている中、私はゴールデンウィークに四国旅行に行きました。昨年父を亡くして気分が沈みがちだったので、気分転換に。さりとて喪中であることからお遍路で供養の気持ちで四国を選びました。物価が安いのか、宿代、足代が意外に安かったことも理由です。最後に今治からバスに乗り車窓から加計学園を見て帰ってきました。瀬戸内海を横断するしまなみ街道に続く自動車道の横に学園がありますが、濃霧でよく見えませんでした。

財務次官のセクハラ、夕刊フジに寄稿

財務次官のセクハラについて、本日発売の夕刊フジ(4月26日号)に寄稿しました。民間企業の場合、社員のセクハラが明らかになれば、40パーセントの企業が減給にするそうです。

夕刊フジ「財務省 世界の恥さらし、政府は法整備を」

夕刊フジ昨日発売号(4月22日号)にコメントを寄せました。

本日発売の夕刊フジにコメントを寄せました。

財務省の決済文書改ざん問題についてです。

厚労省のずさんデータ問題、夕刊フジにコメントをしました

本日発売の夕刊フジに厚労省のずさんデータ問題についてコメントをしました。

より以前の記事一覧

ツイッター

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

twitter

Mixi Other Other Twitter