« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

猪瀬直樹氏の思い出 猪瀬事務所での修業

猪瀬直樹氏の思い出

猪瀬知事が辞任して感慨深く思います。

不可解な5000万円を受け取っていたことは残念ですが、私は氏のもとで2週間働いたことがあり、思い出を書きました。現在発売中の週刊朝日に寄稿しましたが、編集で少し削られたので、掲載分よりも長くなります。

私は猪瀬直樹事務所で働いたことがある。

2004年秋、道路公団民営化推進委員だった猪瀬氏を取材した。私が厚生労働省の研究所を内部告発して辞した後、ジャーナリストとして雑誌に書き始めて間もない頃だった。

その後、氏のメールマガジンに寄稿してほしいと言われ、「NHK教育テレビで放映された氏が講師の『作家の誕生』という番組を見て、物書きになる夢を膨らませた」と書いた。

冬になって氏から携帯に電話があった。「猪瀬です、猪瀬直樹です。話があるのでちょっと来てください」と。それで、西麻布にある氏の事務所を訪れた。

氏は約束の時間より遅れて来て、地下の応接室に招き入れてくれた。暖炉がしつらえてあり、氏は自ら火をおこして薪をくべながら、

「僕の事務所で働いてみない?」

と言った。女性スタッフが二人寿退職して手が足りないとのこと。帰りはベンツのクーペで自宅まで送ってくれた。窓ガラスが曇ると、信号待ちの間に自分で車を降りて外からふいていたので恐縮した。

 返事は事務所の近くの中華料理屋で。

 「誰かの下で働くより自分で書きたい」

と固辞すると、「ここで修業をしてから世に出たほうが大物になれる」と説得された。私が元の上司をセクハラで訴えたことを話すと、過激と思われたのか引かれたが、最終的に、修業のため、働いてみることにした。

 事務所はコンクリート打ちっぱなしのビルだ。バブル時代にデザイン会社が建てたアトリエを買い取ったという。一階が図書室、二階の半分が氏の書斎で大きな木の机と本棚がある。もう半分はスタッフルームだ。三階が十八畳くらいの和室で、氏がこたつに入りながらスタッフと打ち合わせをしたりテレビを見て休んだりする。金曜の夜は整体師がやってくる。四階はデザイナーズホテルのような居住空間で、ベッドや風呂、テラスにプールもあった。各階を鉄製の階段が結ぶ。おしゃれだが非常階段のような作りで、高所恐怖症の私には階段の上り下りが怖かった。

常勤スタッフは私の他に二人いた。一人は元新聞記者の男性で、もう一人は政府税制調査会の会長だった慶應義塾大学の加藤寛ゼミのOG。いずれも30歳ぐらいだった。二人は氏にずっと仕え、知事就任とともに都の専門委員となった。他に氏の友人や親族が非常勤として経理や清掃をしていた。

 私の仕事は新聞・雑誌記事の切り抜きと講演や取材、テレビ出演などの受付とスケジュール管理だった。それから、夜食の用意。弁当や揚げ物を近所のスーパーで買った。

 氏の指導は軍隊式で厳しかった。

「階段はかけ上がるんだよ」と言われ、氏が帰るとスタッフは走って報告や連絡・相談に行った。

また、氏は締まり屋だった。小さな新聞記事を普通にコピーしたら叱られた。

「これでは回りの記事もコピーされて、トナーがもったいない。いらない部分は白い紙をあててコピーしなさい」

そのほうが仕上がりもきれいだが、うんざりしたことも事実だ。氏は細かく、仕事の計画も緻密に立てた。部下としては煙たかったが、見習うべきことも多かった。

勤務時間は朝の10時から夜の7時で、私には残業はなかった。

氏は当時週刊誌に連載をしていたが、私は氏が執筆している姿を一度も見たことがない。昼間に取材をすると締め切り直前に徹夜で書き上げるのだ。

氏はおしゃべりで、いろいろなことを教えてくれた。

「講演があるから事務所やスタッフを維持していけるんだ」

NHK講座の影響もあったのか、全国から講演の依頼が毎週のようにあった。

ノンフィクション作家は取材に時間がかかり、原稿料は高くない。生活は大変だ。氏の奥様(この夏に急逝)がずっと共働きだったと言う。

氏は平日事務所に泊まり、週末に郊外の自宅に帰った。奥様も週に一回は事務所に顔を見せた。

奥様は元教師でさっぱりした態度だが、氏のことを「私の彼」と呼び、恋女房なのだなと感じた。もう一人の女性スタッフがモデルのような美女だが勤務態度はマイペースだったので、「あの人、変わってるわね」と私に漏らし、ささやかな焼きもちのように聞こえ微笑ましかった。

 しかし、ごみ出しから始まる下積み仕事に私が辟易し、氏からも「外から書いてくれればいいよ」と言われて二週間で退職。

 4か月後、氏が道路公団の発注先企業と発注額の一覧を入手、エクセルデータをくれた。私は「発注額とその企業の天下り受け入れ数が比例していたらおもしろいな」という仮説を立て、データで検証すると大当たり、アエラでのスクープ記事となった。

 氏が作家ながら権力の内部に入り込み、情報を公開したおかげで、官が支配する「日本国の研究」が進んだことはまぎれもない事実である。

週刊朝日に「猪瀬直樹氏の思い出」を寄稿しました

明日発売の週刊朝日に「猪瀬直樹氏の思い出」を寄稿しました。

私は9年前、猪瀬事務所で2週間働きました。修業のつもりで、道路公団民営化委員だった氏をまじかで見て、緻密で仕事には厳しい方でしたが、資料の集め方、生かし方など、その後ためになることを教わりました。

明日発売の週刊朝日に寄稿「特定秘密保護法案公布で霞が関が焼け太り-天下り先の第三者機関が4つも」

明日発売の週刊朝日「特定秘密保護法案公布で霞が関が焼け太り-天下り先の第三者機関が4つも」という記事を寄稿しました。

週刊朝日の今週発売号に寄稿 特定秘密保護法について

週刊朝日の今週号(書店は17日発売、関東の駅売りは16日)に寄稿しました。特定秘密保護法についてです。

「公務員ボーナス騙しのカラクリ」日刊ゲンダイに寄稿

昨日は公務員のボーナス支給日。日刊ゲンダイに「公務員ボーナス騙しのカラクリ」という記事を書きました。「平均支給額57万円は偽り、本当は80万円超」です。

[

The Japanese Secrecy Law has passed

The secrecy law has been passed just now on Friday in the Diet in Japan.

 

  The liberals are against it. The conservatives are for it. But even 80 percent of conservatives think we shold discuss more about it before it is passed. .

Especially jounalists , creators and citizon activists are against it.

Thousands of people were demonstrating in front of the Diet.

I am concerend because the government have not say exactly what becomes secret.

So the law could allow the government to withhold more information and ultimately undermine Japan’s democracy.

Because I myself had hard time when I blew whistle on waste of tax money by public servants in Japan.

Before turning to journalism, I spent 10 years working for a government-supported labor think tank.  There I saw senior managers take lavish foreign trips with favored female subordinates.  The President visited 88 countries around the world with first-class air travel and stays at suite room in five-star hotels in seven years.

The institute classified the travel budget as “national security and diplomacy budget”  to encourage ties with the United States.  They started doing so at the Cold War period.  The senior officials says that they  visit Asia- Pacific developing countries with souvenirs such as facsimile machines so that they could prevent those countries from going into being Communism.  Now they visit Eastern Europe to prevent former communist countries from going back to communism.  But the fact is that they just enjoy sight-seeing, dining and golf.

I exposed the fraud and waste in the system in 2001. The institute punished me claiming that I leaked government secret and lowered my retirement wage.  So I filed a lawsuit and won at the Supreme Court in 2005.  But I had a hard and long time.

So I am concerned the government will prohibit whistle blowing claiming that they are secret.

Aki Wakabayashi.

Board and Executive director of TI-Japan,  journalist and whistle blower.

2013年 世界の国の腐敗度ランキング

汚職・腐敗防止活動を行う国際NGOトランスペアレンシー・インターナショナル(略称TI、本部ベルリン)が、本日12月3日「CPI(世界の国の腐敗度ランキング」を発表しました。

日本は18位。「先進国においても選挙における資金供与の問題があり、大規模公共調達はいまだ主な腐敗の温床であり続け、いかに監視するかという問題に直面している」と会長が声明を出しており、そのまま日本にあてはまります。

この調査は、各国の公務員や政治家などが賄賂などの不正行為に応じるかどうか、つまり公的部門と民間との関係における腐敗度を調査と評価により数値化してランキングしたものです。

国内外の企業で、贈賄対策やコーポレートガバナンスの教育に使われています。

ランキングは、各国のビジネスマンに「この一年間で賄賂を払ったことがありますか」と質問したり、企業に「公開された倫理基準があるか」を調査したりしてはじきだします。

日本は100点満点で74点、第18位(前年は17位)で昨年からやや後退しました。一位はデンマークとニュージーランドでともに91点です。最下位はアフガニスタン、北朝鮮、ソマリアです。

 

 日本の得点は去年と同じですが、昨年同点だった英国に抜かれ、相対的に順位が下がりました。英国は2011年に世界一厳しいと言われる贈賄禁止法を施行したため民間部門における清廉度が増し、17位から14位に上がりました。オーストラリアは7位から9位に下がりましたが、背景には政権交代がありました。

 日本の貿易相手国トップ5(2012年)の順位は、中国80位、アメリカ19位、韓国46位、台湾36位、タイ102位です。

 なお、129日は国連腐敗防止デーです。

 

 URL www.ti-j.org

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

ツイッター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter