« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

税金ムダ遣いも「安全保障」? 内部告発と特定秘密保護法案

税金ムダ遣いも「安全保障」? 公益通報の証明には自腹で裁判が必要?

国会で、こういう内部告発は「特定秘密保護法違反にあたらない」との明示を願う

======================================

 税金ムダ遣いの内部告発者として、本法案についての懸念を書きます。

 私は日本労働研究機構という国の労働問題研究所で働いていましたが、そこでは本省から天下った官僚たちが、毎月「外交」「安全保障」名目で散財をしていました。それも、飛行機はファーストクラス、ホテルは五つ星のスイートルーム、現地ではゴルフ、観光、グルメざんまい。

 これも国の「安全保障」費に計上されていました。

 というのも、米ソの冷戦下にあった1980年代までは隠れた外交方針があり、それを錦の御旗にすれば税金から青天井で海外旅行費をもらえたからです。「西側諸国」の一員として「反共の砦」作りのため、アジア太平洋諸国に、たとえば「ファクシミリ機器」を贈呈しに行くといえばよかったのです。ソ連崩壊後は、旧東欧諸国の共産体制への揺り戻しを防ぐと言えば東欧歴訪の旅ができます…。

 私も参加しましたが、実質は、税金をつかったただの海外観光旅行でした。

 私はこういった実態を2001年に「週刊朝日」で内部告発したところ、研究所側から「職務上知ることのできた秘密をもらした」として減給をされました。

 辞職し、名誉回復と減給の撤回のために、2003年に裁判をおこし、一審敗訴、高裁で逆転勝訴、2005年に最高裁で勝訴が確定しました。その間は心的・経済的にとても辛いものでした。

 その後2006年に公益通報保護法ができたが、保護されるのは刑法などの法令違反に限られ、税金のムダ遣いの通報や経費の私物化などは対象になりません。また、マスコミへの告発は制限されており、こちらも「公益通報封じ込め法」と皮肉られるぐらいに問題の多い法律です。

 秘密保護法制定にあたり、国会で、大臣は、私のような内部告発は特定秘密にあたらないと明示してください。そうすれば、志ある公務員の告発を助け、国による懲戒処分の濫用を防げるからです

トランスペアレンシ―・インターナショナルの年次総会でドイツに行きました

2013118日から10日まで、ドイツのベルリンでトランスペアレンシー・ジャパン(TI)の年次総会が開かれ、世界110か国の支部から代表が集まりました。私は日本法人トランスペアレンシー・ジャパンの理事・事務局長として出席しました。

 

総会に先立ちトランスペアレンシー・インターナショナル20周年記念会議が開かれ、ハグリット・ラベル会長のあいさつの後、コフィ・アナン前国連事務総長がビデオで祝辞を寄せ、世界銀行の企業倫理部長などが出席して公開討論を行いましたまた、TI倫理大賞には、中国での報道規制に負けずブログで情報を発信し続けたジャーナリストなどに贈られました。

http://www.transparency.org/getinvolved/awardwinner/luo_changping

 

また、企業倫理や贈賄法制に関する分科会が行われました。以下が私が4日間の間に参加した分科会一覧です。朝の7時半から夜の10時までびっしりのプログラムで大変でした。今後のTIJの活動を通して、また報道を通して皆様にお伝えしていきます。

G20 Advocacy, Public Sector Integrity, Digital Security, Corruption in Sports, Business Integrity, Gender policy, Parliaments and the fight against Corruption , Financial Integrity, Exporting Corruption Report, No impurity, CPI, Business Principles for countering bribery, Corporate Supporters, Transparency in Corporate Reporting, Open Governance, Making strong governance

 

総会では、活動報告の後に、公益通報の保護強化などの新方針が決議されました。TIはOECDとG20への公式招待NGOであるため、国際政治への働きかけもしていきます。最後に理事2名の改選があり、スリランカの代表が再選、インドネシアの代表が初当選、フランスの代表が落選しました。

 

総会のもう一つの目的は、本部との連携と各国支部とのきずなの強化です。

・私は本部の公益通報保護部門と協議、日本の公益通報支援への約束をとりつけました。

・また、TIJに外国のワイロ法制について企業からの問い合わせが増えたため、とりわけ日本との貿易の多い、中国、台湾、韓国、タイ、インドネシア、ドイツなどの支部に協力を要請しました。

 反腐敗の普及・啓発のため、国際ネットワークを生かした連帯と専門情報の提供がTIの柱であると確認した総会でした

テレビ東京の「暴露ナイト」に出演します

本日、テレビ東京の「暴露ナイト」に出演いたします。夜11時54分から1時間の番組です。

http://www.tv-tokyo.co.jp/bakuronight/

番組をもって興味をもった方は『公務員の異常な世界』(幻冬舎新書)、『ホージンノススメ―特殊法人職員の優雅で怠惰な生活日誌』(朝日新聞社)を読んでくださいませ。

デトロイト・ルポ

ただ今発売中の月刊文藝春秋に掲載されているデトロイトの潜入ルポは、読売新聞の思潮、北海道新聞の時評といった文芸欄に取り上げられています。

9日までしか書店にないので、読んでいない方はぜひ急いでご覧になってください。

取材写真をアップします。

Cimg0098_800x600

取材の経緯を補足します。

 

私は2000年頃に特殊法人の職員として

アメリカに出張に行きました。

出張先の一つがデトロイトでした。

政府機関ですのでデトロイトの総領事館をまず訪問、総領事は天木直人氏でした。その後、天木領事も私も、同じ時期に役所を内部告発をして文筆の道に転じました。何かの縁を感じます。

 

当時、デトロイトはすでに景気が悪くてさびれてましたが、大使館のアレンジでデトロイト市の職員に面談すると「住宅やカジノ開発で再生する」と言い張ってました。

大丈夫かなと思ってたら案の定破綻。

それなので、デトロイト破産のニュースが出たとき、「事情わかります」と出版社に申し出、すぐに渡米しました。

デトロイトは怖いところ・・とのイメージが報道されてましたが、一回行って土地勘があるので、何とかなるだろうと思いました。

今回も総領事館にお願いしたところ、要人を紹介してくださり、たいへんお世話になりました。当時の大使館のアメリカ人スタッフがまだ残っていました。
Cimg0054_800x600


Cimg0136_600x800_14

デトロイトのルポの写真

Cimg0018_600x800_8


Cimg0002_800x600


Cimg0137_800x600

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter