« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

選挙が終わりました

昨日、東京都議会議員選挙が終わりました。結果は「サクラ散る」

これを糧に今後の活動もがんばってまいります。

ごあいさつ

三鷹から都政を! 猪瀬都知事とともに! 

税金の無駄遣いをやめて、都政改革を! 

ジャーナリストの視点をもって、市民の声を都政に届けます! 

日本維新の会・東京都議会議員選挙三鷹選挙区の候補に内定しました。

 

私は、新宿にある厚生労働省の労働問題研究所に勤めていました。そこが厚労省の天下り団体であることにきづき、税金のよりよい使い方を模索して、ジャーナリストに転じました。社会、労働、税金の使い方について取材を重ね、新聞、雑誌に寄稿、テレビやラジオでコメントをし、さまざまな提言をしてきました。 

3.11の震災直後、福島などからの被災者に対して、江東区にある新築の公務員宿舎を避難所にすることを提案し、採用されました。また、2012年の東電株主総会では、副知事だった猪瀬氏とともに、東電が経費を過大請求していることをつきとめて報じ、電気料金の上げ幅を抑えることに成功しました。

このたび、「市民の声をもっと都政に届けたい」と都議会に挑戦します。

私の主張

1.防災 首都直下地震から都民を守りたい 

 

お年寄りの多い地域の見回りはもちろん、遠隔地の家族との連絡網を整えます。災害シミュレーションによる園児や児童のすみやかな保護プラン。首都直下地震には万全の備えを! 

 

私は三鷹消防署の災害時支援ボランティアに登録しています。

 

 2.社会福祉 保育所と高齢者施設の「東京基準」を推進し、待機解消 

 

子育て世代を徹底支援!!認可・認証保育園の待機児童ゼロはもちろん、小学4-6年生の学童対策を支援。 

 

シルバー世代には、安心して自宅でくらしつづけられるように、在宅医療や在宅介護を充実させます。また、知事が薦める、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設の設置・入居基準の改定等で待機老人の解消をめざします。シルバー世代が最期まで自宅でくらせるように、また望むなら待機なく施設に入れるように、市民に優しい街つくりを勧めます。 

 

私は父を同居介護しています。

 

 3.都政 公正さを守り、国際感覚を!!

 

 私はNGOトランスペアレンシー・インターナショナル(本部ドイツ)の日本法人の理事・事務局長をつとめてています。政治の腐敗と闘い、企業倫理を推進。また職の安全や教育・職場の公正さを守る公益通報と情報公開を支援。国際会議で英語で討論もしています。

東京版維新八策

1.議会改革 

まず櫂より始めよ 

・議員定数127から100へ 

・議員報酬3割減 これは大阪府で実現しました。維新は公約を守ります。

 2.都庁改革 -小さくて賢い都庁へ

 ・外郭団体の廃止と統廃合を進める

 ・区市に財源と権限を委譲する。予算編成を公開し、透明性を高める。

 3.公務員改革

 ・職員数を10年で3割削減

 ・給与の官民格差の是正

 ・優秀な職員養成(留学、企業派遣、特別昇格)

 ・天下り禁止条例の制定

 4.教育改革

 ・地域力を活かし多彩な人材を育成する

 ・東京の教育の大枠を条例で決め、各自治体の裁量をふやす

 ・小中学校教員の人事権を区市に委譲する

 5.脱原発依存

 ・発送電分離と発電の自由化の推進

 ・高効率ガス発電、再生可能エネルギー利用促進

 ・メタンハイドレード等の海洋資源の確保

 ・小エネルギー売買市場の創設

6.くらしの福祉

 ・保育所や高齢者施設の知事が薦める「東京基準」を推進

 待機児・待機者を解消する

 ・生活保護は現金支給でなく現物至急を原則と改める。

 受給額が年金支給額を上回らないようにする

 7.東京発成長戦略

 ・羽田空港の24時間化、ハブ機能を強化しアジアの拠点とする。

 ・成田と羽田の経営の一体化、横田基地などの官民共用化

 ・観光で訪れたい都市ナンバーワンに。

 ・多摩地区での交通等インフラ整備、「新多摩ビジョン」を策定

 ・ムダな規制の緩和、手続き簡略化でビジネス支援

8.首都安全保障

 ・大規模災害対策の強化

 ・テロ対策等緊急対応力

 ・サイバーテロ対策

都議は年収1700万円、ボーナス年3回。それで都税を上げるのはおかしくないですか?

東京都議会議員は年収1700万円、ボーナス年3回 

それで都税を上げるのはおかしくないですか?

 

消費税は国税だけではありません。

消費税5パーセントのうち、4パーセントが国税、1パーセントが地方税です。地方の裁量で決められます。

東京都議会は、民主党が昨年住民税を増税、来年4月には地方消費税分を上げようとしています。

私は、増税の前に、都庁改革をして不採算天下り団体の解決や税金ムダ遣いをなくすべきと考えます。

維新の公約はまず櫂より始めよ、議員報酬3割カットと議員定数127名を100名にすることが公約です。維新の会はこれまで、大阪府議会で3割カットを実現しています。

Q&A

Q なぜ維新なの?

 

A 私は湯水のような天下りを目撃し、世に伝えたいと内部告発をしてジャーナリストになりました。行革問題が専門のジャーナリストとして活動していると、常に時の野党と共闘することが多いです。今回は猪瀬直樹氏が都知事になり、都政に興味をもっていたところに、ちょうど日本維新の会からお誘いを受けました。

 

Q なぜ都議なの?

 

道路公団民営化委員として辣腕を振るった作家の猪瀬直樹氏が知事となったので、ご一緒に行政改革ができると思ったから。

 

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

ツイッター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter