« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

震災で父が不安になる

3月の東日本大震災の後から、父の様態が悪くなりました。台から落ちそうになったテレビを支えたそうで、無理な力がかかったのかもしれませんし、震災で不安なせいかもしれません。

まわりにも親の介護に直面している人が少なくないので、書き留めます。

父は、20年前の脳梗塞による軽い左半身麻痺があり、10年前から老人性の病気で目が不自由になり、5年前からアルツハイマー病になりました。それで2年前から私が同居をしました。奇声や徘徊はなく、週に2回、介護ヘルパーと散歩がてらに近くのスーパーに買い物に行き、風呂は自分で入り、食後は食器洗いをしてくれるという、手のかからない生活でした。ときどき食事をしたことを忘れて、「ごはんを食べてない」と抗議するので、それをうまくなだめればよいだけでした。

ところが、震災後、半身麻痺が進んで左手と左足に力が入りにくくなり、家の中で転ぶようになりました。そして一人で起きられず、抱き起こし続けた私がぎっくり腰になりました。布団から起き上がるのも、トイレから立ち上がるにも私を呼ぶようになりました。

ケアマネージャーに相談したところ、介護用品のレンタルをあっせんしてくれました。さっそく、パナソニックエイジフリーという会社の若い営業ウーマンがやってきました。そして、寝室に手すりつきの介護ベッドを入れ、ベッドサイドと廊下には突っ張り式のポールを3本据え付けました。手すりをつかうと、一人で寝起きや歩行ができるようになりました。これで、私は介助する必要がなくなりました。費用はレンタルで、介護保険で1割負担のため、月3千円弱です。

もう介護ヘルパーでは買い物の付き添いができないと言われ、同じ時間で、週に2回、入浴介助をしてもらうことになりました。風呂イスに座って、体を洗ってもらいシャワーを浴びます。浴槽はまたげないので入りません。

でも、本人が足腰が弱ることを恐れ、ヘルパーさんの助言で訪問理学療法士に来てもらって家の近所で歩行訓練をすることになりました。理学療法士はみつかりませんでしたが、整形外科医院で相談をしたら、すぐに訪問看護師を頼んでくれました。一回の自己負担は900円ほどだそうです。介護ヘルパーは一回700円です。病院の往復はタクシーです。病院の近くのレストランで久々に外食をさせてあげました。父はやりたいことは特になく、食べることだけが楽しみと言っています。

父が衰えていくのを見るのはさびしいのですが、介護保険の制度はよく整っていて、わずかな費用負担でいろいろなサービスが使え、家族がラクになります。ただ、役所やケアマネージャーに任せきりでは足りず、家族が貪欲にいろいろ調べて比べ、病院をまわり、大量の契約書類に署名をすることが必要で、そこがちょっと疲れました。

2011_06190022_small_2 2011_06190021_small_5

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

ツイッター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter