« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ハトミミ投稿のコピー第一号

先日「ハトミミ、なまごえ、みんなの党」をご紹介し、投稿するときはコピーを若林までとお願いました。

するとさっそく「ハトミミに投稿しました」との独立行政法人の内部告発状のコピーが届きました。ありがとうございます。読むと、私のいた法人とそっくり。『ホージンノススメ』そのままの世界がまだあるのだなと思い、驚きました。

以前にメールをくれた告発者の方でもハトミミに投稿すると言う方がいます。

それなので、鳩山政権は独法仕分けで国民の声にポーズでなく本当に切り込むのか、チェックできます。告発状を無視したら必ず書きます。

ちなみに小泉政権時代に私はタウンミーティングで坂口厚労大臣(当時)に湯水のような公金浪費の実態を訴え、満場の拍手を浴びましたが、坂口大臣は「特殊法人の話は知らん」と切捨てました。現自民党総裁の谷垣財務大臣(当時)と竹中大臣もいて、お二人は頷きながら聞いてくれましたが何も変えてはくれませんでした。

ちなみに、本投稿はハトミミの行方を見張るという宣言であり、礼賛する意図はありません。

この道はいつか来た道?

昨日ハトミミ、なまごえを紹介しましたが、思い出すのは小泉内閣の官邸メール。

特殊法人改革を掲げてメルマガ「ライオンハート」を発行し情報を募りました。タウンミーティングもやりました。私も行って坂口大臣に特殊法人の実態を訴えましたが無視されました。その後、何回かは質問者を主宰者があらかじめ依頼した「やらせミーティング」であったことが発覚しました。

ハトミミはどうでしょうか。皆様、現役の方はご自分を守るための匿名性などに配慮の上、情報提供の上、結果を教えてください。

ガス抜きなら許すまいとチェックしていきます。

ハトミミ、なまごえ、みんなの党

本日から「ハトミミ」が始まりました。独法仕分けに向けた情報提供窓口です。

http://www.cao.go.jp/sasshin/hatomimi/doppou-koueki.html

自民党も「なまごえ」プロジェクトを始めました(ハトミミのマネ?)

http://www.jimin.jp/namagoe/index.html

私も独法仕分けの取材をします。ハトミミに情報を寄せたら、よろしければコピーを私にもお送りください(すでに何件かいただいております分はしっかり追います)。

おまけ

今国会で行革の質問が多いのはみんなの党です(自民党政権時代の民主党の役割?)

http://www.your-party.jp/

2・24 訂正 タイトルを「ハトミミ、なまごえ、若林亜紀」としましたが、自分の名前を入れるのはおこがましいので変えました」

新刊ができました

Dscf0040_5
新刊ができあがりました。
『独身手当て―公務員のトンデモ給与明細』
東洋経済新報社から07年に出した本の大幅改訂版です。
この3年でパワーアップした orz 公務員の最新おバカ手当てを笑いとばしましょう。
イラストはいしいひさいちさん。今週末から書店に並びます。
よろしくお願いします。
<文庫裏表紙の紹介文より>
四十路を迎えた独身男女を気づかう手当。出世していない職員に配慮した手当。残業したフリをすればもらえる手当。これらは今まで官僚・公務員に与えられてきた”異常な手当”の、ほんの一部に過ぎない。かつて厚生労働省の特殊法人に勤務し、そのあきれる実態に日々接していた著者が、霞が関と全国の自治体を徹底調査! 国会議員たちも注目する、役人天国ニッポン告発の書。 東洋経済新報社の元本(07年)を最新事例に大幅改訂。

独法仕分け 日刊ゲンダイ

4月に民主党の独法仕分けが行われます。枝野行政刷新大臣の会見を受け、マスコミも期待。本日発売の日刊ゲンダイで私もコメントしています。

横浜市で情報公開制限へ

オリンピック情報を見ようとして、NHKオンラインで見つけたニュースです。

横浜市で情報公開請求を制限へ

http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/01.html

業務に支障が出るそうですが、このいい分は変です。

情報公開法は私が特殊法人在職時に施行され、私も施行準備にあたりました。公開請求を受けることを見越し、稟議書は決裁が済んだ段階で総務部でコピーを保存するよう仕組みを変えたので、大量請求が業務の支障になるということはありえません。

1200件請求して取りに来ない人というのも、すべて墨塗りと言われてみる気をなくしたとか、議員調査権で別途公開されたりしたなど事情があるのかもしれません。

情報公開をやめるのではなく、業務に負担なく公開できるよう、市の仕事のしくみを変えるべきなのです。

中田前市長は横浜博では失敗しましたが、行革は進めたので、それが後退していくのは残念です。全国に波及しないことを願います。

新潮文庫『独身手当』2月26日発売

07年に出した『独身手当』がパワーアップして新潮文庫に収録されます。

何がパワーアップしたかというと、公務員のはちゃめちゃぶりです。

たとえば、「出世困難手当」は、長年つとめて出世できない職員に払われる温情手当てですが、初版時は川崎市でしか確認されなかったのに、昨年大阪府でも発覚、総務省の調べで、全国219の自治体で支給されていることがわかりました。

また、公務員の裏金。年度末に使い切れないお金を返さず、職員が流用したり着服してしまうことです。初版時は岐阜県の17億円の裏金を取り上げましたが、昨年、神奈川県庁で5年間で35億円もの裏金をつくっていたことが発覚しました。私の出身地です。税金を下げて欲しいです。

また、阿久根のブログで有名な竹原信一市長への取材も収録しました。

公務員の手当を読んで笑いとばしながら、政府と自治体の実態、私たちが払う税金や年金の行方を知ってくださいませ。よろしくお願いします。

http://www.shinchosha.co.jp/writer/4042/

『ハビビな人々』中山茂大

知り合いの冒険ライター、中山茂大(なかやましげお)さんが本を出しました。

『ハビビな人々~アジア、イスラムのお金がなくても人生を楽しむ方法』(文芸春秋)1600円

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163722009

実は私がプロデュースしました・・・というのは言いすぎですが、中山さんを出版社にご紹介しました。詳しくは本書の後書きに書いてあります。

日本も、少子化なのに経済成長し続けるなど非現実的なことを目指すより、心豊かな縮小均衡均衡を図ればよいのにと思います。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter