« 週刊金曜日のサイト | トップページ | 日立の壮絶リストラ »

報道2001、アサヒ芸能

明日朝のフジテレビ「新報道2001」に補正予算の見直しについてインタビュー出演の予定です。あと、今発売中の週刊文春「霞が関ゴーマン官僚をぶっつぶせ!」(執筆記事とは別)、アサヒ芸能「霞が関改革に官僚たちの高笑い」にもコメントをしました。

自民党が民主党にプレーヤー交代し、政治家(国民の代弁者)と役人の闘い、あるいはあるべきよい関係の模索はこれからが本番です。ただし、若い民主と、明治時代以来の官僚機構とを比べれば、今、スタートの時点では官僚優位に決まってます。ですが、週刊金曜日に書いたように、役人がすべて悪い守旧派ではなく、未来のために改革を望む良心的な官僚もまたいるのです。

*14日訂正 報道2001は特集自体がカットされてしまいました。

« 週刊金曜日のサイト | トップページ | 日立の壮絶リストラ »

コメント

うわべだけの公務員バッシングはやめて欲しい。真面目な公務員ほど苦しんでいる。

>うわべだけの公務員バッシングはやめて欲しい。

若林さんがうわべだけの公務員バッシングをされていると本気で思っていますか?
こういうことは最低限著書をお読みになってからおっしゃるべきです。

僕は何冊か読ませていただきましたが、うわべだけの公務員バッシングをされている印象は全く受けませんでしたね。

調べ物でこちらにたどり着きました。
正直な感想を言わしてもらえば、「官僚叩きで喰ってる人なんだな。」です。
著書にも目を通しましたが、単に、「これが官僚の実態だ。これは普通じゃない。」って煽ってるだけで、戦うジャーナリストの姿勢はどこにも読み取れませんでした。
結局、官僚ネタにして飯食ってるんだから、同じ穴の狢だと・・・。

やまなかさん、こんばんは。私は若林さんの著書は読んでいますよ。その一方で、「役人廃業.com」の山本直治さんの著書も読んでいます。

正直なところ、山本さんの本の方が具体的で、公務員すべてが優遇されていないということが分かります(ごく一部の公務員が給与や退職後の就職先で優遇されていることは否定しませんが)。

もし、やまなかさんが山本直治さんの著書を読んでいなかったら、是非一読されることをお勧めします。

役人廃業.com
http://www.yakuninhaigyo.com/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道2001、アサヒ芸能:

» 鳩山内閣の発足 [二人のピアニストに思う]
民主党の鳩山由紀夫代表は昨日、2009/9/16日夕、 国会で首相指名を受け、第93代内閣総理大臣に就任した。 鳩山新総理は、就任後、初の記者会見で 「脱官僚依存の政治」を実現する、 との決意を表明。 各テレビ局もその現場から中継して、その全部を映していた。  見ていて私は、感動で微動だに出来なかった。    ★ ★ ★ ★ ★ その生中継の終了直後に、NHKのニュース解説で、アナウンサーが会見現場から局に戻った記者に感想を聞く場面があったが、 またしても私は、NHK職員の程度の悪さ、に呆れた... [続きを読む]

« 週刊金曜日のサイト | トップページ | 日立の壮絶リストラ »

ツイッター

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

twitter

Mixi Other Other Twitter