« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

SPA

明日発売の週刊SPAにコメントをしました。神足裕司さんのコラムで、農水省のヤミ専従についてです。

鹿児島に行ってきました。

Dscn0692              

 鹿児島に行ってきました。4月に出る雑誌に記事を書きます。

 鹿児島は篤姫のふるさと、そして、明治維新に日本の礎を築いた英雄たちのふるさとです。春分の日に史跡を見てまわりました。

島津家の庭園、西郷隆盛が最期を迎えた洞窟、桜島を見たあと、維新ふるさと館に行きました。

薩摩藩は国内2位の石高を誇る豊かさで、城にお金をかけるより、人材育成に力をいれていたそうです。当時の下級武士の日課表がありましたが、

・出勤

・夕方、近所の子供に学問と武道を教える

・夜、大人同士で武道の鍛錬や学問

と、とてもまじめなものでした。その気骨と知性が明治維新で一気に花開き、他のアジア諸国が欧米の植民地になる中、独立を守り近代化を導きました。

今は、それでうまくいっていた官僚制やらいろいろな仕組みがそろそろたるみ、人口減少という新たな時代局面も迎え、組み直しが必要なときだと思います。私もできることをしていこうと思いを新たにしました。

なお、鹿児島は温泉がたくさんあり、黒豚に薩摩あげなど、食べ物もおいしかったです。

これは1泊目に泊まったホテル。民営化した元公共の宿です。

海を臨む展望温泉露天風呂があります(下の写真1枚目)。

Dscn0676_2

Dscn0679_3

2泊目は、現役の公共の宿に泊まりました。

お風呂はまた、展望温泉露天風呂です。ここから見えるのは鹿児島県庁です(右の写真、お風呂で撮ったもの)。なぜなら、このホテルは県庁に連絡や研修などでやってくる市町村職員のために建てたホテルだからです(一般の人も泊まれます)。鹿児島県庁は、日本で3番目にお金のかかった県庁だそうです。薩摩藩時代とは大違いです。

観光バスで、こんな話を聞きました。その昔、島津藩の家老平田靫負(ゆきえ)は、治水工事の費用が見込みよりかさみ、責任をとって切腹したそうです。これも「公共工事は小さく生んで大きく育てる」という今のお役人とは大違い。

仕事柄つい辛口なことを考えてしまいましたが、最後は長島美術館を見て、美しい白磁の焼き物に目を見張りました。やはり薩摩藩の豊かさが偲ばれる豪華けんらんさでした。

ベイFM

16日月曜日、朝7時半ごろ、ベイFM(千葉県中心)に出演します。

国会質問・・・田中康夫議員にレクチャー

先週、作家で参議院議員の田中康夫氏から幻冬舎に連絡がありました。

国会で、公務員について質問をするのでいくつか教えてほしいとのこと。某ホテルの会議室に行って、元知事相手に僭越ながら、拙著『公務員の異常な手当』の内容などについてレクチャーしてきました。私もお話を聞き、資料などをもらい、勉強になりました。

そして、木曜日、参議院の予算委員会で田中氏が質問にたち、退職手当債とわたりについて質問をしました。公務員の高額退職金を払うために自治体が地方債を発行しており、年に6000億円にも及ぶというものです。また、議員が配布した、「地方公務員の6割は管理職」という資料は、私が議員に差し上げたものです。

この場面はテレビで中継されたほか、夜7時のNHKニュースでも取り上げられ、麻生首相が資料に見入る姿が映りました。

国会中継の模様はインターネット上では、こちらで視聴出来ます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

地方には、国からお金が回るので、国の予算とも密接に絡みます。でも、議事にはあがっても、すぐに退職金や国からの補助金を下げるということには結びつかないのが歯がゆいところですが、これから変えるための第一歩にはなると思います。

PS 田中氏については、書いているものから辛口でキザなイメージがありましたが、お会いしてみると、以外にどっしりと安定感のある方でした。軽さや無駄な緊張感がなく、安心とくつろぎを感じさせる方でした。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter