« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

フラッシュでコメント

今日発売のフラッシュで、「血税129億円垂れ流し」と批判を受ける農水省保管団体の実態」にコメントを寄せました。首相や大臣の辞任劇の一因になっておきながら、この法人は無事に生き残るでしょう。金融不安も関係なし、税金で豊かに淀んだ世界です。

中山大臣の思い出

中山成彬国土交通大臣が退任しました。

私は2年前、週刊新潮「わが子は私立もいる、文科省ゆとり教育五人の戦犯」の取材で中山氏にお会いしました。

中山氏は文部科学大臣だった05年、茨城県の中学で行われたスクールミーティングで『ゆとり教育の見直しで教科書の頁数も元に戻りつつある。皆さんには申し訳なく思う」と謝罪しました。これが転換点で、06年からゆとり教育の見直しが始まりました。

ゆとり教育とは、日教組が教師の仕事をラクにするために週休二日制を求め、内需拡大を狙う経済界も同調し、押し切られた文科省が授業時間を減らすために教科書を薄くしていったものです。学校の完全週休二日制が実施されたのは、96年、小杉隆文部大臣のときです。小杉議員は家族の金銭問題で今期限りの引退を表明していますが、歴代ゆとり教育を推し進めた文部官僚らは出世街道を歩んでいます。

そういう経緯があるので、氏が日教組を敵視する気持ちもわかります。ですが、教育崩壊の一番の原因は、日教組の要求を呑んだ文部科学省であり、それを認めた与党・自民党です。

氏はまた「日教組の子どもなんて成績が悪くても先生になる」と言いましたが、教員の裏口採用問題では、小泉元首相の飯島秘書官ら与党関係者らも口利きに関与してきたことを認めています。

「日教組をぶっ壊す」より、与党幹部としては、文部科学官僚を左遷したり、裏口採用に関わった議員を辞職させるべきです。労働組合が待遇改善を求めるのはしかたないこと。使用者側が組合を「ぶっ壊す」ことは違法です。日教組が支持する野党の弱体化を狙ったものでしょう。

中山氏は「官僚は1年ごとに担当が替わっていくから責任者を特定できない」とかばっていました。ご自身が大蔵官僚ゆえでしょう。

でも、最後にこんなことを言っていました。
「私は宮崎の農家出身で、貧しくて、父を早くに亡くし、高校・大学は奨学金をもらって卒業した」
その後大蔵省に入って、同僚だったあの上品な中山恭子拉致担当首相補佐官と結婚し、世界銀行に出向して議員になりましたが、若い頃の苦労話にほろっとしました。

韓国のお役人、日本のお役人

先週末、東京で世界旅行博が開かれ、大勢の外国人が訪れました。

私はひょんなことから韓国のお役人と知り合いました。地下鉄の中でアジア人の初老の男性から英語で話しかけられました。彼はどこで下りればいいかわからず混乱して私に確認したのです。ちょうど、私の降りる駅と同じだったので、一緒に下りて、改札口を出るまでおしゃべりをしました。

男性は、世界旅行博に出展している韓国の自治体ブースの事務局長でした。私はその話を聞いて、瞬時にいろいろ想像できました。元はおそらく韓国の役人で、天下って外郭団体の幹部になって日本に海外視察に来ているに違いない・・・・・・。拙著『公務員の異常な世界』で書いたように、韓国のお役所のシステムは日本と似ています。日本の制度を真似ているためです。日本同様、一部自治体に「出世困難手当て」などの不可解な手当てがあったり、年度末の海外視察が国民の非難を浴びているのです。私は親しみと興味をもち、後日一緒に食事をする約束をしました。

翌日、「刺身が食べたい」と言うので、寿司屋に案内してビールを傾け、韓国のお役人事情を聞きました。

「私は、公務員について本を書いているジャーナリストです。韓国のお役人事情は日本と同じと聞きました。失礼を承知でいくつか教えてください。あなたは、韓国のお役人で、定年退職前に外郭団体の幹部に移ったのですね。日本では天下りと言われています」

「我々は『早期名誉退職 honorable retirement 』と呼ぶ」

「で、韓国でも公務員の退職金は民間平均の2倍くらいで、年金も多いのですよね?」

苦笑いして頷きます。

彼が英語を話すのは、若い頃に役所からの派遣でイギリスに二年いたためだそうです。

「日本の役所にも若いうちに海外に派遣させる制度があるのですが、派遣期間中は日本と現地で二重に給料が出て丸儲けなので批判されています。韓国もそうですか」

やはり苦笑いして否定しません。

調子に乗った私は、うっかり軽口を叩いてしまいました。

「それでいて、日本の公務員は働かない人も多いんですよ」

すると、彼ははじめて強く否定しました。

「いや、そんなことはない」

そしておもしろい話をしてくれました。

「私の働いた自治体(京畿道政府)では、日本の神奈川県と姉妹都市で職員の交流をしていた。私のいた部署にも神奈川県の職員が2人、研修生として2年来ていた。彼らはまじめでよく働いた。中国の公務員も預かったがおしゃべりばかり。勤勉さでは日本が1番、韓国が2番、中国が3番だな。まあ、中国人は視野は広いが」

意外な、そして日本人としてはうれしい話です。

「それで・・・」彼は話を続けます。

「その二人の日本人は、二人ともウチの職員の韓国人女性と結婚をして、日本に連れていった。もう子どももいる。家に遊びに行ったけど、日本の家は狭かった。いい家のお嬢さんだったのに・・・・・・。でも、幸せそうだった」

日本人の勤勉さが韓国の女性公務員のハートを射止めたのでしょう。

(韓国の話はご本人の了解を得て書いています。続きがあるのでまた書きます)

京畿道 日本語ページ  http://japanese.gg.go.kr/

雇用能力開発機構について

9月は、行政改革推進本部事務局で、雇用・能力開発機構の存廃についての検討の報告がありました。行革大臣の諮問機関です。雇用能力開発機構は解体、横浜のみなとみらいにある本部事務所はなくす、でも必要な事業は他の役所や法人、あるいは新法人で引き継ぐとのこと。これまでのように、看板を架け替えて生き残る余地を残した内容でした。

その前日には、「雇用能力開発機構のあり方検討会」という舛添厚生労働大臣の諮問機関の会見もありました。「機構は必要、業務については批判があるからもっと力を入れて、PRすればよい」という内容。

これからすり合わせが行われます。

さて、麻生新内閣の顔ぶれから機構の未来を占ってみましょう。

細田博之幹事長 「雇用能力開発機構の応援団」だそうです。 http://diary.jp.aol.com/4kvbum2pdv/1628.html

舛添要一厚生労働大臣(タレント議員だった頃は、テレビで『機構はつぶす、天下りはやめさせる』と言ってたのに、今は「機構は解体ありきでない、しごと館は廃止すべきない」と翻る。

甘利明行革大臣  98年に小渕内閣で労働大臣になり、派遣業の規制緩和を訴える派遣業者12社から献金を受けていたことが後から発覚。ハケン・格差社会の戦犯とも言え、政官業癒着の利権政治家と呼ばれてもしかたない。

自民党も看板を架け替えただけ、行革もまた看板の架け替えを繰り返すのみと思われます。これは、国民が怒って自民党を追い詰めて行革をしてもらうか、民主党が行革を旗印にして政権交代することを願います。goo の意識調査を見ると、役所のムダ遣いと天下りに対する怒りは国民の一番の関心事項なのですから、できれば与野党連立で取り組んでほしいと思います。与党のみならず、野党も行革に際して腰が引けてるところがあり、歯がゆい限りです。私は無党派ですが、このままではいけないということは言えます。

(田中秀臣さんのブログからリクエストを受けて書きました)

http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20080918

『ハゲタカ』は武士道

リーマンショックが吹き荒れた先週のある夜、『ハゲタカ』作者の真山仁さんの講演会に行きました。

『ハゲタカ』は外資系ファンドで働く非情な主人公が日本の不良債権を買い漁る様を描いた大ヒット小説です。私も読んでその世界にはまりました。しかも、真山さんはかつてアエラのライターだったので面識があり、真山さんが上京して講演をすると知り、行ってきたのです。会場は東京駅の横にある、丸善丸の内本店でした。

本来、新作『ベイジン』の発売記念会でしたが、参加者との質疑応答ではハゲタカの話も多く出ました。なんと、ハゲタカの構想はハリウッド映画の『ラスト・サムライ』を見て思いついたとのこと。「トム・クルーズ主演の『ラスト・サムライ』のテーマは武士道です。映画を見ながら、なぜアメリカ人に武士道を説かれねばならないのかとくやしくなった。で、自分で武士道を描こうと思いたった。そのために、外資系企業の日本人幹部に武士道を体現させようと思った・・・・・・」。主人公の鷲津さんは武士道の体現者だったのですね。

最後に私も質問しました。「真山さんは、新聞記者やライターとして短い記事を書くことが多かったと思うのですが、今作家として長い物語を見事に盛り上げていくようになれたのはなぜですか、どう切り替えたのですか」と。実は、私自身が長い原稿に抑揚をつけまとめていくのがやや苦手なので、コツを教わりたかったのです。真山さんは、「自分は、高校生のときから小説家になると決めていた。記者やライターになったのはそのための修行だった。ライターとして映画やオペラを見たことが、物語の構成に役立っているし、趣味になった」と言うような話をしてくれました。

私もこれから観劇をしようと思いました。あと、自分の将来の目標についても思いをはせた夜でした。

Photo_2

読書の秋に、書店のイベントはお薦めです。

http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/C/94.aspx

ベイFM、ムーブ

連休明けの16日朝7時30分ごろから、ベイFM(千葉中心)で外国人研修制度について話します。

また、16日は午後五時から、大阪・朝日放送のムーブ・ニュースシアターで、自民党無駄ゼロチームによる環境省の政策評価について書いた記事が紹介されます。

私は先週末、予備自衛官として陸上自衛隊の朝霞駐屯地で訓練を受けてきました。自由業の私にとって、たまの規則正しい集団生活は新鮮です。射撃訓練もありましたが、楽しい晩夏のバカンスのようにも思いました。終わって少し寂しい・・・・・・。

私は戦争はぜったい反対、自衛のために予備自衛官になりました。語学担当ですが、イラクに派遣されるより、海外からのバカ高い武器調達をチェックするなどで貢献したいと願います。

ムーブ、アエラ

明日の大阪・朝日放送のムーブ・ニュースシアターに「総理が代わると行革は進行する?」という記事を寄せました(関西限定)。

来週月曜日発売のアエラにも記事を書きました。

福田首相辞任、ムーブ

福田首相退陣にはびっくりしました。

仕事では、来週出す予定の記事を書いてあったので、政局でページが埋まりお蔵入りになるかと心配しましたが、辞任までの流れを書き加え、載る予定です。

また、昨日は大阪の朝日放送ムーブのニュースシアターに、自民党の無駄ゼロチームが文部科学省の事業を評価したら、半分は不要という評価が出たという記事を寄せました。

8月が終わりましたが皆さんはどんな夏をすごしたでしょうか。私は、オリンピックや高校野球がある間、仕事はヒマなので、部屋の整理をしたり、普段とは少し違う仕事に挑戦して(そのうちお知らせします)過ごしました。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter