« 星出彰彦さん | トップページ | 毎日新聞夕刊 »

文藝春秋7月号

明日発売の「文藝春秋」7月号で、「道路官僚一万人をリストラせよ」という特集記事を書きました。いったん下がったガソリン税のお話です。国は年に8兆円も道路造りに注いでおり、日本の道路密度は世界トップクラスです。でも、地方では道路ばかりできてバスがなくなっていくという、とほほな話です。

九州の小倉と筑豊を取材しました。また、昨日高校の同窓会があり、千葉や茨木に嫁いだ同級生からも「道路は立派でもバスがなくなっていく」という話を聞きました。

« 星出彰彦さん | トップページ | 毎日新聞夕刊 »

お気楽公務員」カテゴリの記事

天下り法人と特別会計」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いつも読ませてもらってます。頑張って下さい。

これだけ大きな記事で、全国の読者の目に触れたことは嬉しい事です。
内容的に同じ主張をしても、ことの正否でなく、多くの人の共感を得なくては、影響を及ぼしえないのですから。
一層のご健闘を期待します。

文芸春秋記事読みました。

冬柴さんは、公明党から出た大臣の職責を果たしていないですえ。次の国政選挙は、公明党にとってかなり厳しい逆風が吹くでしょう。

私は今日のブログで、早稲田榊原教授の『厚生労働省と社会保険庁解体せよ』に賛成の意見を掲載しました。

と、何と日頃の3倍近いピッチでアクセスがあります。

国交省、厚労省、共に国民のことはそっちのけの仕事をしていますねえ。
若林さんが書かれたように、将来ピカピカのゴーストロードを造っても仕方ないのに。

道路問題に関心を持ち始めたのは、沖縄・古宇利島300人の居住者のためになんと270億円の建設費を使った橋を建てたのを聞いてからです。

それに冬柴さんが、59兆円、道路財源として使い切る、という発言。なんだよう、冬柴さん、でした。

若林さんのこれからのご活躍を期待しています。

文藝春秋の記事読みました。
まったく同感です。

冬柴さんはダメですね。公明党も次期選挙では苦労するでしょう。
私は沖縄古宇利大橋の建設費が270億、島民が300人と聞いてびっくりしました。まあ、厚労省も国交省も税金を好きなように使っている、ということが明白になりましたねえ。

長年与党であった自民党への風当たりは強くなるばかりです。
どうでもいいから、一度民社党にやらせてみろ、というのが民意になりつつあります。

若林さんの文春の記事、一部私のブログに引用させていただきました。よろしくお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/senda3/43146511.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107686/41481676

この記事へのトラックバック一覧です: 文藝春秋7月号:

« 星出彰彦さん | トップページ | 毎日新聞夕刊 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter