« 週刊朝日、日刊ゲンダイ | トップページ | 週刊ポスト »

朝まで生テレビ、三刷り

今日の夜中、1:20-4:20頃までテレビ朝日の「朝まで生テレビ」に出ます。

http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

最新刊『公務員の異常な世界』(幻冬舎新書)はおかげさまで三刷りになりました。

http://www.amazon.co.jp/aa/dp/4344980786/

以下の本もよろしくお願いします。

『ホージンノススメ―特殊法人職員の優雅で怠惰な生活日誌』(朝日新聞社)・・・10年勤めた天下り研究所の内部告発。デビュー作。

『独身手当―給与明細でわかるトンデモ公務員の実態』(東洋経済新報社)・・・川崎市役所で独身のまま40歳になると「独身手当」がもらえます。

『サラダボウル化した日本―外国人依存社会の現場を歩く』(光文社)・・・コンビニで働く中国人就学生、農家にやってくる研修生、フィリピン人介護スタッフ、インド人SE、欧米企業のエリート駐在員妻の読書会など、日本に急増する外国人労働者100万人のルポ。おまけとして、政府は外国人労働者の受け入れ拡大に積極的ですが、やはり裏に天下り利権があるというお話です。

« 週刊朝日、日刊ゲンダイ | トップページ | 週刊ポスト »

コメント

話を振られた時の準備をちゃんとして下さい!応援しながら期待して観てるのに、肝心な場面でしっかり喋れなけりゃテレビに出る意味あるんですか?

朝生での主張お疲れ様でした。
子羊が単なる事実を発言しているだけなのに油ぎった狼(含メス)のあせりが露呈した番組だったと思います。

米英中で発言されたほうがよっぽど近道だと思います。
負組みの中では所詮負けですから。

とにかくここは変な国。

あさ生見ました、なかなかご発言の機会がなかったのが残念でしたが、的を射たコメントは爽快でした。他のゲストがきれいごとばっかり言っている中、国民の目線で公務員のだらけぶりを鋭く指摘する姿勢はご立派だと思います。陰ながら応援しておりますので、これからもがんばってください。

この放送のあった日の早朝3時半頃に目が覚めて眠れなくなり、パソコンを開いて若林ブログを見て、あさ生の放送中であることを知り、慌ててテレビを付けて見ました。 若林さんの発言中であり、前半を聞き損ねたのは残念ですが、半分だけでも間に合ってよかった。
恐らく出演依頼がかなり急であって、ブログでの案内がぎりぎり一杯だったのだろうが、夜中に目覚めたのはラッキーだった。
私は田原という人物は好きでない。 他人の発言を遮って中断させる事により、自分が偉いフリをするのが嫌いだから。 多分、若林さんも随分と話し難かったと思うが、目的は世間一般に対するアピールなのだから、我慢して頑張って下さい。

キャズ様 夜中目が覚めたとのこと、私たちは本当にテレパシー通じているようですね。朝生は一月前から出演が決まっていましたが、テレビ局の次回予告が出てからお知らせしようとして告知が遅くなってしまったのです。というのも、もう5年も前になりますが、テレビに出始めた頃、他局のある番組で早めに公表して「放送内容がばれて取材に影響する」と叱られ、出番をカットされたことがあったのです。

朝生は話しやすかったです。田原さんがコワモテとのイメージがありますが違います。私は話したいことができると手元のメモに要点を書きつけていたのですが、田原さんはそれを逐一見逃さずに必ず話をふってくれました。政局の話にはうまく入れず、また政治家、ジャーナリストの諸先輩への遠慮もありましたが、また機会があれば、臆することなく、落ち着いて、議論を深めるように討論していきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107686/41371523

この記事へのトラックバック一覧です: 朝まで生テレビ、三刷り:

« 週刊朝日、日刊ゲンダイ | トップページ | 週刊ポスト »

ツイッター

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter