« 週刊新潮 | トップページ | 新刊 外国人”依存”社会の現場を歩く »

沖縄の休日

金曜日に急に思いたって、昨日、一昨日と沖縄に行きました。1人で・・・・・・。

行き先は、沖縄の離島のひとつ、宮古島。青い空と白い砂浜とエメラルドグリーンの海に癒されてくるはずが・・・台風が近づいて天気は曇りがち・・・「絶景も中ぐらいなりおらが休日」となりましたが、島の人々や宿で知り合った人に親切にしてもらい、心の充電ができました。まきさん、あゆみさん、どうもありがとうございました。

宮古島からさらに離島の池間島というところに渡り、ラサ・コスミカ・ツーリストホームという宿に泊まりました。有名な、すてきな民宿です。私らしい感想をつけ加えると、宮古島から池間島へは池間大橋という全長1.5キロの橋がかかっています。夕食をとった店のご主人によれば、「橋の総工費は99億円。でも、池間島の人口は700人足らず」とか。ずいぶんぜいたくな橋です。住民が強く要望したのですか?と尋ねると、「いや、別に・・・国の方針ということで勝手に工事が進んでいった。今は別の橋が建設中だよ。それなんか300億円」だそうです。橋は便利だけど、海の美しさや漁業資源には悪影響があります。かつて、道路公団の取材で知ったのですが、橋梁工事は談合の巣くつだったことを思い出しました。あと、沖縄には米軍基地の問題もあっていろいろ予算がつけてもらえるそうです。

でも、とにかく、島の人のこういったおしゃべりも含め南国のホスピタリティに癒されました。

« 週刊新潮 | トップページ | 新刊 外国人”依存”社会の現場を歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

農道橋ですね。私の本でも叩いときました。
宮古と伊良部を結ぶ構想があり、さすがにでかいです。看過出来ません。

『自治体連続破綻の時代』ですね。本をめくって写真を見ました。そうです。あれ、農道だったんですか・・・・・・。私が渡ったとき、行きも帰りも対向車も前後の車もゼロでした。あと、伊良部大橋はもう着工してるようです。道路公団OBがおっしゃっていましたが「国が建設に向け調査する、検討すると言ったら、それはもう間違いなく着工します。需要見込みの調査などちょっとわたしたち技官が係数をいじればどうにでも都合のいい数字を出せますから」とのことでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の休日:

« 週刊新潮 | トップページ | 新刊 外国人”依存”社会の現場を歩く »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

ツイッター