« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

もう年末のお知らせ

日本テレビ「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」の「今の消費税に替えて格差解消税を作ります!」を含む2時間スペシャルの再放送のお知らせです。12月23日14:55-16:55。私も最初の方でちょっとだけ出ています。

国は今年税収が増えました。安倍総理はこれまでのように補正予算のバラマキには振り向けず、国債償還にあてるそうです。これはちょっと評価できます。でも、まだ借金が増え続けています。今年の国債償還が18億円。来年の新たな借金をそれ以下に抑えてくれたら(プライマリーバランスの均衡といいます)、安倍首相を尊敬してもいいと思います。

あと、パワハラと闘う郵便局員の方からお便りありましたのでブログをご紹介します。

http://inazawa.ti-da.net/

週刊ポスト

明日発売の週刊ポストで、タウンミーティングのやらせ問題について証言をしました。以下は編集部に送ったメールより、記事にならなかった部分を紹介します。

2003年11月30日、私は「年金改革を考えるタウンミーティングイン東京」に出席した。「04年の年金改革に向けて国民のご意見を伺うため」と銘打っていた。
登壇者によるプレゼンテーションの後、「登壇者と会場参加者による対話」の時間になった。私は
「坂口厚生労働大臣に質問、年金資金運用基金が前年1380億円の赤字を出しながら役員が高額報酬である。自分は特殊法人の元職員で内部告発の本を書いた。今後こういった特殊法人、独法のあきれた実態を改める予定があるか」
と尋ねたら会場から満場の拍手。竹中大臣も大きくうなずきながら聞き入っていた。でも、坂口大臣は
「特殊法人の話は知らんけど」
といい放っただけだった。都合の悪い話は聞く気がないのは明らかだった。
終了後に坂口大臣に本を渡そうとしたが、受け取らずに逃げるように退場しようとしたが、SPの人が私から本を受け取り、大臣に渡してくれることになった。

EX大衆

今日発売のEX大衆で「こんなにおいしい!公務員様のお役得!」でコメントをしています。今送られてきた本を見ました。女子アナ、グラビアアイドルなど、女性の写真が多いのですが、記事は広範かつまとまっていておもしろいです。

最近は取材を受けて経験を話すことが続いていますが、実は、新たな本を書くための取材をしています。でも、締め切りに余裕があり自分ひとりの仕事のため、ついのんびりしてしまいがちなところが悩みです。

厚生労働省の不正経理78億円

労働局だけで78億円です。10日に発表になりました。会計検査院の指摘を受けて厚労省が発表したものです。記者会見をした厚生労働省の及川桂・地方課長は、『ホージンノススメ』第二章のシンガポールお見合い出張に同行したキャリア官僚です。ホージンノススメは登場人物のプライバシー保護のために一部脚色したり設定を変えてありますが、及川氏に関しては、プライバシーに絡む記述がないので、ほぼ事実どおりです。ODA予算で官々接待を受けるキャリア官僚、でも、現地で日本の労働事情について講演をし、まじめで腰が低い方でした。

週刊SPA

続々判明「欠勤公務員様」の呆れ果てた実態でコメントをしました。ずばり、公務員はこれからますますヒマでラクになります。理由は記事をご覧ください。

http://spa.fusosha.co.jp/

竹内結子さん

アエラの7月17日号でインタビューの原稿を書きました。取材をしたのは5月。竹内さんが資生堂のシャンプー、tsubakiのコマーシャルで仕事に復帰、そのシャンプーが新製品ながら市場シェアトップに躍り出た頃です。

その頃から、週刊誌で根拠のはっきりしない不仲説が書かれており、取材ではそれに触れないよう、注意を受けていました。私はもともと竹内さんファンで、弟にも事前調査を手伝ってもらい、推理小説好きとか、お菓子の専門学校に行きたかったとか、たくさん聞きたい話があり、それだけで十分でした。

最後に仕事への抱負を聞いて取材を終えようとしたら、竹内さんがわざわざ、「仕事も家庭も両方大事にしたいから」とかみしめるようにつけ加えました。自分に言い聞かせるようでもありました。きっと獅童さんとの家庭のことなのでしょうが、赤ちゃんと2人の家庭のことかもしれないともちらっと思いました。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter