« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書 田中

今週金曜日夜8時から日本テレビに出演いたします。

今回のマニフェストは「地方の役所を民営化します」

元商社マンの岐阜市長や小泉チルドレンの議員、現役市役所の職員とともに討論します。グラビアアイドルも以外な情報を提供。よい議論になりました。

健康保険のでたらめ

本日発売のアエラ(書店や地方では明日以降)で、「天下り健保のでたらめ」というタイトルで、私たちの毎月払う健康保険料が闇社会と天下りの遊興に流れている実態を書きました。サラリーマンが払う健康保険料は平均年37万円。そのうち医療費にあてられるのは半分にすぎません。残りの使い道を追いました。

竹内結子

月曜発売のアエラで、表紙の竹内結子さんのインタビューをしました。いつもとは違うお仕事です。

作家の猪瀬直樹さんに取材に行ったとき、猪瀬さんから「何でもかんでも書くのはよくない。泡沫ライターで終わってしまうから。自分で仕事を選びなさい」とアドバイスをいただきました。それで、お役所問題、堅い問題に絞って仕事をしてきたのですが、アエラ編集部で表紙担当者が竹内結子さんの話をしていたときに居合わせ、実はファンだったのでインタビューをすることになりました。お役所の記事は細かいデータのチェックが毎回たいへんなのですが、今回は感性のみのラクで楽しいお仕事でした。

テレビで証券問題を語る?

7日金曜日午後8時から、日本テレビ「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」にまた出演します。テーマはホリエモン・村上社長への刑罰についてです。

実は私、投資と経済にもちょっと詳しいのです。大卒後3年、建設会社の投資部門で海外投資の仕事をしており、香港・パナマ、オランダに会社をつくって、25歳にして取締役をしていました。そして、アジアやアメリカの金融機関に投資していました。

橋本元首相ご逝去 

 私からも辛口の訃報を。

 氏は「橋本行革」と呼ばれる省庁再編と領土問題に貢献したそうです。でも、省庁再編は看板の架け替えに終わりました。労働省と厚生省を合体させ、労働省の労政局を氏自ら「何をやってるかわかならい部署」と批判して廃止したはずが、労政担当参事官室と名前を変えただけでした。雇用促進事業団を「よくもここまで間口を広げたものだ」と批判して廃止させたはずが、廃止の翌日「雇用能力開発機構」と名前を変えて再スタート。北方領土は、ソ連崩壊直後のロシアが経済的に窮乏し、ちょっとお金を払えばすぐにでも返ってきそうな、「史上最大にして唯一のチャンス」と言われたのに、うやむやに引き伸ばして機を失いました。

 ただ、奥様とは高校の同級生で恋愛結婚、奥様はすてきな方だそうです。慶應大学の剣道部ご出身。ご冥福をお祈りします。天国から行革を見守ってください。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ツイッター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter

Facebook Mixi Other Other Twitter